1. TOP
  2. その他お気に入り
  3. ミヤギくんも知らなかった、のか?

ミヤギくんも知らなかった、のか?

ウチに嫁してきて半月あまり。
彼女の生活は、まずまず落ち着いてきたようです。

ガレージのほかのメンバーとも
うまく付き合っているようだし
ここ、瀬戸の水と空気が
彼女の荒んだ精神を癒しているのかもしれません。


「どう?ここの暮らしは」
ある晩、おそい夕食をとりながら、ボクは尋ねました。
「みな、親切よ」
「すまないね、狭っくるしい所で」
「気にしないで。屋根があるだけで幸せよ」
「キミがいてくれると、まわりが華やいでいい」
「‥‥ありがとう、でも‥」
そう言って、彼女は急に黙り込んでしまいました。
これまでの苛烈な半生を思い返しているのでしょうか。


「そうだ、今度、みんなで出かけないか」
沈黙を振り払うように、ボクはそう言いました。
「‥‥」
「イナベでもいいし、美杉もいい。ああ、やっぱりアサマも‥」
「ごめんなさい」
「なんだい、急に」
「いままで、黙っていた事があるの」
「どうしたんだい、ヘンだよ」
「見ればわかるわ」

そう言って
彼女はおもむろに横たわり
その絹のような肌をあわらにしました。

「!? まさか」






STMの‥スリッパークラッチ‥‥?

実物を見るのが初めてなんで、よくわかりませんが
高価な部品ですよね。
このKTMを中古で購入した価格の半額近い値段なんじゃないでしょうか。

くわしい効能はよく知りませんが
4ストロークマシンのバックトルクを調整するために
自動的に半クラッチ状態にして
スムーズなライディングを可能にするアイテムらしいです。
ロードやモタードでは必須のようですが‥‥

どうやら、コイツの部品のナントカいうプレートが
破損しているらしく
エンジンをかけてギアを入れると、クラッチを握っていても
バチンと繋がって、エンストしてしまいます。
アクセルを煽りながらギアを入れると、衝撃はくるものの
エンストせずにギアが入ることは入って
その後は普通に乗れる
という、微妙な症状があります。

とりあえず
ドクターナカジマにスリッパーは摘出手術してもらって
ノーマルのクラッチに戻してもらうことにしました。

スリッパーは、そのうち、壊れたプレートを買いなおして
また、装着することもあるのかどうか。
トラブルの種を背負い込むだけのような気も‥‥

ノーマルでいいっすよ。250だし。

 Check
    
 

ああ、たちごけ人生 記事一覧

たちごけ
http://tachigoke3.exblog.jp/
建物シリーズ:ボロックス
ワンダーデバイス、ガレージの家。オフロードバイクと暮らす日々つれづれ。
このブログの記事一覧を見る