1. TOP
  2. 「才気堂」ドームハウス日記 紹介ページ

「才気堂」ドームハウス日記 紹介ページ

「才気堂」
http://blog.livedoor.jp/kikoyouttekaketayo/
建物シリーズ:ワンダーデバイス
尋ねて来た方が「ああ!あの家だ!」と分かるような特異な家に住むことが10年来の夢でした。田んぼの真ん中の「ドームハウス」はピアノを思いっきり鳴らせます!
このページをお気に入りに追加する

「才気堂」ドームハウス日記 記事一覧

275件 1-20
2018.09.09
香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
香港と言えば、夜景!私は、みんながこぞって行きたがる所にはあんまり興味がないのだが、せっかく香港に来たのなら、ナンボのもんじゃい!的な気持ちで、とりあえず見ておくべきかなぁと思いやる「やさしさ」も持ち…
この記事を読む
2018.09.01
香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
私はピアノ調律師なので、外国の街を歩く場合、とりあえずピアノ屋を訪ねてみる。ココは、宿のあるビルから数百メートルだったのと、非常に大きな店だったため、すぐにわかった。店の前に着いて驚いたのは、車がギチ…
この記事を読む
2018.09.01
香港のゲストハウス
香港のやどは、ゲストハウスつまり、二段ベッドが沢山並んだいわゆる、ドミトリー。尖沙咀駅を出てすぐの、このビルの中にあるはず。だが、とりあえずビルの周りを一周してみた。このビルの一階はカメラ屋さんだらけ…
この記事を読む
2018.08.30
中国から香港 列車で国境越え
広州のゲストハウス、YOU似の女主人に、香港で鉄道で行くにはどうすれば良いかときいたら、直通の列車は無いので、まず深圳に行って乗換えて国境を越える、と言われたものの、どうしても広州から香…
この記事を読む
2018.08.30
さよなら不思議なゲストハウス
晩飯から帰り、再び某マンションの高層階にある、なかなかたどり着けないゲストハウスに「帰宅」するエリザベスカラーをつけたニャンコ猫部隊は3匹いるらしい。高層階の奥の間のベッドに射し込む広州の朝日、窓際の…
この記事を読む
2018.08.28
広州の街そぞろ歩き3 飲茶体験
広州の名物といえば、飲茶、私は、中国語を始めて30年も経つのに何度も中国に行ったにもかかわらず、現地の飲茶を知らないまま今日まで生きてしまった。広州では有名な「點都徳」、少し甘みのある具沢山のお粥微妙…
この記事を読む
2018.08.27
広州の街そぞろ歩き2
広州の街を歩く。河童色の小屋根がキレイに並んだ高層アパート。パンダ楽器?中はギターが数本並んでいるだけで音楽教室メインらしい。マネキンが「ひげダンス」?スパイダーマン!、神戸でも見た!ヨーヨーレコード…
この記事を読む
2018.08.24
広州の街そぞろ歩き1
地下鉄の駅で見かけた、ジュースの自動販売機。お金を入れるとオレンジを搾って出て来る?試して見られなくて残念、広州で一番大きな楽譜屋さんに行きたいと調べたら、新華書店の楽譜売り場が結構大きそうなので行っ…
この記事を読む
2018.08.23
「万勝囲」駅周辺散歩
路面電車の終点は「万胜围」というところ。 すぐ近くに地下鉄の駅もある。 すぐに地下鉄で街中に帰ってもすることもないので うろうろしていたら、改革開放まもない頃の 自分が初…
この記事を読む
2018.07.22
広州の路面電車
とりあえず、地下鉄で広州塔に着いた。未だにスカイツリーも登ったことがない私はこういうものは、見て楽しむものだと思うので、別に登ったりはしない、、多分、富士山も、見て楽しむだけで、登らずに人生終えるので…
この記事を読む
2018.07.22
広州のゲストハウス
Booking.com にもちゃんと出ている広州のゲストハウス、、広州東駅から650mという好立地でしかも日本円で800円くらい。ネットで調べたら地図に場所が出たが、番地を頼りに歩き回っても一向に見つ…
この記事を読む
2018.07.21
朝の広州を徘徊、、、
朝5時では、地下鉄の駅も、地下街もまだ開いてない。が、地下に入れるところがあったので入ってみた。暑い朝で、エアコンも効いてない地下街は別に居心地も良くない。同じように、手持ち無沙汰でうろうろ地下街に入…
この記事を読む
2018.07.19
厦門~広州 寝台車&食堂車 その2
今回の彷徨で、どうしても実現したかったこと!夜行寝台列車に乗って、食堂車で食べる!1702厦門駅を出て、食堂車は、1830からだと服務員さんに教えられ、1830に来てみた。食堂車の服務員たちは、自分の…
この記事を読む
2018.07.13
厦門~広州 寝台車&食堂車 その1
真夏の暑さのコロンス島を駆け抜けて厦門港からバスで厦門駅に着く。列車の発車まで1時間しかないので、とりあえず切符売り場の列に並んで、日本から予約した番号を告げ、切符を受け取る。こんなことは、私が中国語…
この記事を読む
2018.07.13
コロンス島の ピアノ博物館
コロンス島といえば、ピアノピアノといえばコロンス島、中国人は、なぜかそう思ってるそのコロンス島にある、ピアノ博物館中には、がっかりするほど貴重なピアノが、全部で、何十台あるのだろう?もちろんどれも触っ…
この記事を読む
2018.07.13
コロンス島、オルガン博物館からピアノ博物館まで歩く!
オルガン博物館では思いがけず貴重な楽器が並んでいたため、デジカメの電池がグッと減る程写真を撮りまくった。こんな場所で、例えばオルガン博物館の楽器でCDを作るために、録音に参加して数日過ごせたりしたら、…
この記事を読む
2018.07.13
コロンス島の オルガン博物館
コロンス島は、別名「ピアノ島」とも呼ばれピアノ博物館とオルガン博物館がある。とりわけ、オルガン博物館は、世界でも珍しい施設で、普段なんちゃってオルガン修理人をしている私としては、一度は行ってみたいと思…
この記事を読む
2018.07.09
コロンス島 島の風景、、
船を降りて上陸すると、帽子屋さんがいた。既に30度近い、真夏の果実である。島内を周回するバスもあるけど、乗り方も分からず、待ってる時間に汗だくになるので、そんなら歩いた方が早い、、と、とにかく歩く。す…
この記事を読む
2018.07.09
厦門 コロンス島へ!
フェリーが午前9時に厦門港に着いて、出て来たのが9時20分ころ。早速コロンス島への切符を買おうとすると次は1番早いので、11時10分発、らしい。今日は夕方17時頃の列車に乗る予定なので、コロンス島へ行…
この記事を読む
2018.07.09
基隆港から厦門へのフェリーの旅 その4
フェリー乗客全員、朝食付き味のないパンと、漬物、ピーナツ(激ウマ)、ゆで卵、お粥、、、中国の朝食、である!小島がチラホラ見えてきて、厦門港が近づくベッドが居心地が良いので、下りるのはのんびりしてしまっ…
この記事を読む
275件 1-20