1. TOP
  2. その他お気に入り
  3. 筋違い

筋違い

 福島第一原発の事故がまったく先の見えない状況のなかで、放射性物質が地球全体に広がりつつある。
地震直後の時点では誰も予想しなかった事態になってきた。
チェルノブイリの事故と同じ“レベル7”になるなんて。

日本政府はモニタリングの値を時々発表しては「ただちに人体への影響を及ぼす数値ではない」と繰り返し言っている。
裏を返せば「今は影響は出ないが、そのうち影響がでてきますよ」ということなのか。
“レベル7”でも放出された放射性物質の量は、チェルノブイリと比べ福島第一原発は1/10程度だと言って、
同じ“レベル7”でもチェルノブイリとは違うとことさら強調する。
これって万引きして捕まった少年が「○○君は10個も盗ったけど、僕は1個しか盗らなかった」と言っているようなものだ。
また、ここにきて政府は事故の賠償金にあてるため、各電力会社の電気料金の値上げを検討しているという。

ちょっと待て、筋違いもはなはだしい!

国も東電も、建設コスト削減のためか、大甘の設計基準で原発を作り、
事故が起きれば“想定外”と言って責任をのがれ。
こんどは賠償金が足りないから電気料金の値上げでまかなうという。

今まで何度となく福島第一原発の地震や津波に対する脆弱性が指摘されてきた。
それを無視しつづけた国や東電の責任はいったいどこにいったのか?
安全より金儲けを優先した東電。
そこから甘い汁を吸った官僚や政治家。
自分たちの無能を棚に上げて、国民に負担を押し付けるやりかたは許せない!

 Check
    
 

キナリのくらし 記事一覧

キナリビト
http://logkinari.exblog.jp/
建物シリーズ:カントリーログハウス
ログハウスにくらすキナリビトのひとりごと
このブログの記事一覧を見る