1. TOP
  2. 薪ストーブライフ
  3. 今こそ薪ストーブ!

今こそ薪ストーブ!

ワンデバに引っ越して間もなく2年が経ちます。
冬も2度過ごしました。
なんとなくデザインや、カタログの出力数値で選んだ薪ストーブが、
ダッチウエストRANDOLPH(ランドルフ)
なのですが、気づきました。
「我が家には小さすぎた」…

今更です。

これからワンデバで薪ストーブ設置をお考えの方は、ぜひ参考に。
まあ盛岡でも北の方に住んでいますので、それもありますが、ボクは薪ストーブだけで冬を越える!…と考えていましたので。

で、購入を考えているのが、
ヨツールF500
です。

このサイズなら我が家も十分暖まるようです。
信頼できる(…と思えた)ショップさんに相談しました。
煙突もシングルよりダブルがいいようです。
やはり薪ストーブには薪ストーブの専門家がいいと痛感しています。
高い買い物なので、最初にしっかりと相談できる人に出会いたかった。

まあ、勉強にはなりました。
当たり前ですが、こんな教訓。
薪ストーブは…
※ 家の広さと構造を考えること
※ カタログでいえば、暖房面積をよく見ること
※ 出力の数値には惑わされないこと
※ カタログの数値は各社曖昧と知ること
まあ車のカタログの燃費の数値なんかもそうですよね。

これで、薪割りの際の割り方も変わります。
今までよりも大きめとかもOK。
長さも今までは30cm程度が、50cmくらいでもOK。
何よりも、薪ストーブのみの暖かさで冬を過ごせるのって素敵。

あとは、見積もり結果を待つのみ。

もひとつ参考に。
311の地震で我が家の薪ストーブも煙突も全く無事でした。
食器棚の中身は落ちて割れたりしましたが。

 Check
    
 

キャップの“心のアンテナ” 記事一覧

キャップ
http://soup1993.cocolog-nifty.com/blog/
建物シリーズ:ボロックス
わたくしキャップが、出会った風景、人、場面・・・もろもろから感じたことをつれづれなるままに。そしてワンデバでの「自然派個性重視生活」を綴ります。
このブログの記事一覧を見る