1. TOP
  2. 薪ストーブライフ
  3. 薪棚増設計画その3

薪棚増設計画その3

  • ブログ名:
  • 公開日:2015年08月12日

f:id:moyashi_takada:20150812003053j:image

はい!
というわけでまた関係無…くは無い写真ですが、労働後の酒宴の写真です。

先週からやってる薪棚増設計画。
今回が最終回となります。早速行ってみます。


f:id:moyashi_takada:20150812003451j:image
前日はここまででした。

で、今日は実家から親父が助っ人で来てくれましたので、絶対完成させるつもりでスタート。

まず問題なのは増設の連結箇所。
今回の増設ですが、模式図を字で表すと下記。

■□
□□

■が既存部分。□は増設箇所。
ざっくり、容量を現状の4倍にする計画。
ただ、既存部分もそこそこガッチリつくってるので、なるべくバラしたくない。
で、なんとか利用して、うまいこと連結しようと考えました。

まずここ。
f:id:moyashi_takada:20150812003555j:image
既存部の正面側。
ここに横板張るためには、棚受けが必要になるんですが、
既存部分の板をそのまま伸ばすのは無理でした。
で、写真中央のクランプ固定した材。
これが棚受け取付け専用の追加柱。 
これを追加することで、最前列の柱を使って棚受けが追加できたと。

f:id:moyashi_takada:20150812005054j:image
こんな感じで。

あと、前回も書きましたが、この手の構造物作るのに万力(クランプ)は必須です。

なにしろ追っ付け大工なので、寸法が合わないことはザラです。
これを解決してくれるのが万力です!

まずはこちら。
f:id:moyashi_takada:20150812005246j:image
万力で固定する前の中央柱部。
明らかに隙間ができてます。この時点で前後の柱はクランプでキメてある状態。
つまり完全に寸法がズレている。

f:id:moyashi_takada:20150812005408j:image
で、これを万力で締めるとこんなん。
隙間無し!

このままコーススレッドで打ち込めば、それなりになります。

俺の薪棚はだいたいこんな感じで作られてます。
見た目立派なんですけど、作った当事者しか知らないズレが満載です!

そんなこんなで
f:id:moyashi_takada:20150812005811j:image
屋根の梁を(適当に)付けて

f:id:moyashi_takada:20150812005848j:image
中板をババーンと張って。

f:id:moyashi_takada:20150812005910j:image
屋根板はそこそこちゃんと取り付けた。

で、完成!!!
f:id:moyashi_takada:20150812010411j:image
Before


f:id:moyashi_takada:20150812010313j:image
After

わかりにくいなw

まぁ、とにかく容量4倍です。予定通り。

ただ、これで薪割りスペースがだいぶ狭くなりましたし、
原木ストックスペースも減りました。
この対策も、実はあるんですが、まだちゃんと決まってないので、また後日。

あと、屋根つけるときに思いましたが、横板の強度がイマイチです。
かなり中央がたわむ。
この補強策を別途講じないとですねー。

まぁそうは言っても、とりあえず完成しましたので良かったです。
これで薪集められます…。(だいぶ今シーズン考えると遅いけど…w)

今日も暑かったので、終わった後のビールがうまかった!





 Check
    
 

「WD7S」~BESSワンダーデバイス7スパンに住んでる人のブログ~ 記事一覧

http://wd7s.hatenablog.com/
建物シリーズ:ワンダーデバイス
ワンダーデバイス7スパンオーナーのブログ。建築記録、DIY記録などをダラダラ書きます。
このブログの記事一覧を見る