1. TOP
  2. 薪ストーブライフ
  3. ストーブ煙突掃除

ストーブ煙突掃除

  • ブログ名:ごろう
  • 公開日:2018年10月07日

 台風から南風が吹き込んで暑い。夏が戻ってきたような暑さ。

秋もどこかへ行ってしまったけど、それでも冬への準備をしないとね。

ということで煙突、ストーブ掃除。
ロッドは7本、これでトップまで届いているはず。
煙突ブラシ

ストーブと煙突を切り離します。
モンベル製の例のあれにロッドをつっこみごしごし。
室内からチムニーを掃除できるあの袋はとても便利です。
室内煙突掃除
我が家は曲がりがあるので、ロッドを入れる際に引っかかる感じはあるものの、ぐっと入れていくと入っていきます。さらーとさらーと袋の中にすすがとれるを実感できます。

掃除をさぼっていたため、結構なすすです汗
灰
ブラシはポリプロピレン製のやつ。
鉄のやつと迷ったけど、一年から二年に一回程度の掃除の頻度なので、とりあえずコストを抑えてみました。使っているとブラシの先にチムニー内の戦いの後が。先端がこすれて仕事してる感を出してきやがりますが、まだまだ使えそう。
 煙突ブラシプラスチックの使用感

ジョイント7本で上まで行っただろうけど、結局煙突のトップを外して掃除したいので、結局屋根へ上ってちむちむちぇりー。
煙突掃除屋根のぼる
 ブラシとジョイント1本もって、急こう配をのぼりー下を見るとこんな感じ。
屋根から下

熱でだいぶ塗装もはがれてしまいましたが、ステンレスなので問題なし。また風の弱い時にでも塗装したいと思います。
煙突トップと眼鏡
トップの取り外しはステンレスバンドのパッチン金具なので、ドライバーなどもって上がる必要なし。便利です。
煙突トップ
トップからスズメさんやコウモリさんが迷い込むことがあると効いたことがあるけど、割と狭く縦格子になっているから入らなそうですね。
トップ掃除
トップの突き当りに結構なすすでした。ブラシの構造上、上にはこすれないので取り外してごしごし。屋根の上、こいつをもって降りるのはなかなかこわい。

今度はストーブの煙突の先の二次燃焼の周りを集塵機で掃除。(ここからは手が真っ黒になりあまり写真なしです)
我が家のストーブはバーモントキャステングス アンコールエバーバーンです。
薪スト掃除
煙突のすぐ下にこちらも結構なすす。しっかり吸い取ってすっきりです。あぁーつくづくさぼってはいけません。 ガラスクリーナーでガラスをしっかりきれいにふいてぴっかー。

煙突の取り外し取り付けの際にどうしてもホーローに少しが傷つきます涙
準備完了うっしし 
これでもういきなり寒くなっても大丈夫!




 Check
    
 

ざっくり安曇野暮らし 記事一覧

ごろう
http://azuminologgurashi.blog.fc2.com/
建物シリーズ:カントリーログハウス
ログハウスにて安曇野暮らしをはじめた家族のざっくりとしたブログ。庭づくり、薪ストーブ、家庭菜園ネタをのっけます。
このブログの記事一覧を見る