1. TOP
  2. その他お気に入り
  3. 次のクルマは

次のクルマは

あこがれのクルマがあります。













そう。
このモンゴルの空の下
悠然と疾駆する

e0173145_05373478.jpg
UAZ 2206


ラリー界では通称
ロシアンデリカ
と、呼ばれるバンです。







こんなルックスですが
年々進化し
まだ新車で手に入ります。


そして、意外と現実的?な値段です。


可愛さとタフさと併せ持つ
稀有な一台です。








けれど




……




こんなスタイルを醸し出したクルマを
買っていられるほど
二児の父親は余裕はありません。


(いつか欲しいけど)










と、いうわけで
ミニクーパーの次の
ボクのクルマは
ロシアンデリカではなく
しかし、微かに微かに
タフなエッセンスに共感のある
e0173145_05380167.jpg

三菱のデリカD5になりました。
e0173145_05380718.jpg
2014年モデルの中古車。
2回目の車検で手放された個体のようです。


走行6万5千キロ
e0173145_05383041.jpg
ディーゼルです。
まだまだ慣らしが終わったところ
て、感じですね。








デリカD5は
登場した時から
スッキリとした外観が好ましいと思ってはいましたし
e0173145_05380903.jpg
登場から12年経過したいまでも
街ですれ違うと、キレイなデザインだなあ
と、思うクルマの一つですが

自分で購入することになるとは
ついぞ、思っていませんでした。












しかし
いざ、ミニバンを買うとなると
国産、輸入車合わせて見ても
(UAZを除けば)どれもこれも
威圧的な外観と過剰にデコラティブな
メッキギラギラの凝ったグリルやランプ類
昭和感ただよう木目の内装など
ちょっと、受け入れがたいクルマばかりで
しかも、結構、高い。


その点


シンプルに
フェンダーとタイヤを強調しただけの
e0173145_05381470.jpg
e0173145_05381633.jpg
じつに素直なデザインのデリカD5。


軽自動車やミニバンの多く(たまにセダンでも)が
ボディサイドの造形と前後バンパーの造形がチグハグで
もし、仮に
ホイールアーチの穴を埋めてしまったとしたら
どんな歪な造形になるんだろう?
ていうクルマも多い中
デリカはとてもキレイなフェンダーアーチです。
(↑というか、本来これが普通です)


結果


他のミニバンの多くが
頑張った造形のバンパーで
車両のワイドな感じを演出しがちなのに対して
デリカは、フェンダーとタイヤで
ワイドを主張していて
古典的といえばそうですが
少なくとも、ボクの好みに合います。








窓周りの簡素な造形も好きで
e0173145_05382139.jpg
黒いボディだと、そういうのもよくわからないので
本当はダークグレイメタリックのクルマが欲しかったのですが
中古車で、かつディーゼルとなると
選択の余地はありませんでした。




街で見かけるデリカの多くは
ヘッドランプが黄ばんでいるのは
デビューが古いからしかたありませんが
e0173145_05383650.jpg
こいつは、まだまだランプもキレイです。
ランプがくすんでいると
クルマの残念感が増すので
これは嬉しい。








外観は小傷や
小さな凹みなどもありますが
内装のほうも
e0173145_05384033.jpg
e0173145_05384217.jpg
傷、汚れも多く
程度はそれなりです。






どうせ、内外ともに
使い倒すので、そういう理由で
値段が下がっていてくれたのは
ウェルカムです。




さっそく
先日のJNCCの往復に使ってみました。
e0173145_05384623.jpg
あたりまえですが
ミニクーパーよりも
断然、荷物が乗ります。


そしてイヴォークよりも、です。


おお。快適。
世のファミリーは、こんなにラクをしていたのですね。








いままで
デザインは良いなあ、と眺めていたデリカですが
運転したことはもちろん
誰かに乗せてもらったこともなく
中古車屋さんで選ぶときに
試乗もせずに買いました。


ミニバンに走りもへったくれもないだろう、と。








ただ、社用車で、似た排気量の
ガソリンエンジンの
マツダMPVやハイエースに乗ることも多く
あの軽薄なエンジンフィールは
ちょっとイヤだな、と
同じく社用車で乗る
日野レンジャーや三菱ローザの
牛のような牧歌的なフィーリングが好ましいと感じていたボクは
価格が高くなるのは承知で
ディーゼルを選びました。




で。


ガソリンのデリカと乗り比べていないので
わかりませんが
とりあえず、ディーゼルデリカは
とても気に入りました。


低回転ではゴロゴロと眠い感じのフィーリングですが
そのまま車速が乗って行く感じは
まさに、トラックとか船みたいです。


船、運転したことないですが。








ステアリングも、ちょい重めで
国産ミニバンらしからぬ
落ち着きを見せます。


いままでの車歴のなかで
似たクルマといえば
超身近なイヴォークでしょう。


パンチのないイヴォークって感じです。
エンジンスペックは


イヴォーク 2リッターガソリンターボ

240馬力 34.7kgf.m


デリカD5 2.2リッターディーゼルターボ

148馬力 36.7kgf.m


ほほお。
たしかに、馬力は全然違うけど
トルクは似たり寄ったりです。
と、いうか
買ってからエンジンスペックを知りました…汗


車重は
イヴォーク 1760kg
デリカD5 1880kg
と、どっちもファミリーカーとしては
重い部類ですね。


なんか
似たようなクルマが2台になってしまった…
まあ
こういうクルマなら
オフロードも安心して走れそうです。






なにせ、ウチは
敷地内での取り回しに
e0173145_06521493.jpg
こういう場面がありますから
ある程度のオフロード性能が必要なんです。


そういうミニバンというと
UAZとデリカしか選択肢がありません。












バイクを積むのなら
ハイエース一択だったでしょうが
どうせ、トレーラーを牽引するので
車内にバイクが積めることは
必要な条件ではありませんが


噂によると
トライアル車なら
そのまま載るということで
e0173145_05385025.jpg
試してみました。


おお、ほんとだ。
ピッタリおさまった。
e0173145_05385422.jpg
e0173145_05385683.jpg
あまり積むことはないでしょうが
積めるにこしたことはありません。


YZ250Xはどう見ても無理ですが
もしかしたら
Svartpilen 401も積めるかも…?






最後に


3列目のシートは
まず使わないので
e0173145_05385975.jpg
外してやりました。


これだけで、約40kg近く軽くなりました。


燃費は
イヴォークもミニクーパーもデリカD5も
似たり寄ったりで
街乗りでリッターあたり8kmくらいで
高速で12kmくらい。
軽油が安いぶん
ランニングコストは優れますが
いまどきのクルマとしては
燃費は悪い方だそうです。












デリカD5
じつはあまり期待していませんでしたが
めちゃ良いクルマです。
気に入りました。
長く大事に使いたいと思います。








 Check
    
 

ああ、たちごけ人生 記事一覧

たちごけ
http://tachigoke3.exblog.jp/
建物シリーズ:ボロックス
ワンダーデバイス、ガレージの家。オフロードバイクと暮らす日々つれづれ。
このブログの記事一覧を見る