1. TOP
  2. DIY・メンテ
  3. 保育園マシン

保育園マシン

なかなか乗る暇のないSvartpilen 401は、もっぱら保育園への送迎マシンと化してきました。

e0173145_05453042.jpg
中国では、子供の送迎にバイク(電動スクーター)はメジャーですし
東京とかでも電気アシストの自転車にタンデムスタイルの
送迎はよく見かけますが
このあたりの保育園は
車での送迎が大半なので
バイクでの送迎はかなりレアです。
……








…………



保育園に行くのをグズる時は
「今日はすばるとぴれんで行くぞ」と、言うと上機嫌になるのでチョロいもんです。
e0173145_05453292.jpg
ヨツバモトやPWにはシフトがないので
こういう機会を活用して


ちょっと極端なシフトチェンジをやりながら
ギアについて教育してみたりもできます。
e0173145_05453492.jpg
しかし、このごろ慣れて来たのか
帰宅途中に眠ってしまうようになりました。


ハーネスで固定しているから
落ちる心配はありませんが
もはやバイク送迎のエンターテイメント性にも
陰りが見え始めたということでしょうか。










ところで
どのSvartpilen 401のインプレにも書いていないし
ほとんどの人に必要ない情報ですが
このバイク、後ろが極端に短いおかげで
おんぶ紐状のハーネスに幼児をくくりつけた状態での
乗車降車が、とってもラクです。


たぶん、WR250Rで同じことをやろうと思うと
相当足が長いか股関節が柔らかくないと
リアフェンダーに足が当たって
かなり乗り降りに苦労すると思います。


以上
子育て目線でのSvartpilen 401情報でした。

 Check
    
 

ああ、たちごけ人生 記事一覧

たちごけ
http://tachigoke3.exblog.jp/
建物シリーズ:ボロックス
ワンダーデバイス、ガレージの家。オフロードバイクと暮らす日々つれづれ。
このブログの記事一覧を見る