1. TOP
  2. 薪ストーブライフ
  3. 42歳にして、カマキリの魅力を知った

42歳にして、カマキリの魅力を知った

今日もカメはご機嫌です。

e0173145_22280494.jpg
最近、カメのエサよりもプレコのエサばかり好んで食べています。


同じ水槽に同居するセルフィンプレコは
ちゃんとエサにありついているのだろうか
と、ちょっと心配になります。








ところで
このごろ、子供たちが捕まえて来た
カマキリを飼ってみました。


……エサは何をあげればいいのか。一説には猫のエサをふやかしたものを食べるとかティッシュにヨーグルトと水を染み込ませたものでよいとか、聞きましたが
e0173145_22280818.jpg
そんなもの食べる気はまったくないようです。










やっぱし
動くものを捕食してこその
肉食昆虫。
e0173145_22281032.jpg
来る日も来る日も
バッタやコオロギ
蜘蛛、イモムシなどを
虫かごに放り込みます。
e0173145_22281144.jpg
毎度毎度
見惚れるような鮮やかさで
獲物を捕まえて
ドン引きするくらい
ガブガブ食べます。


捕食される昆虫の体液が
飛び散るので
虫かごが汚れるのが早い早い。
e0173145_22281339.jpg
カマキリが、こんなに見てて面白い生き物だと
恥ずかしながら、いままで気づきませんでした。


子供の頃はやはりミーハーなので
カブトムシだのクワガタだのがヒーローで
道路のあちこちでペチャンコになっている姿ばかりが印象的な
カマキリなんて、まったく興味が湧きませんでした。


しかし
いまにして思うと
強そうでカッコいいけど
実際のところ、地味に樹液ばかり吸っている
カブトムシやクワガタなんかよりも
ダイナミックにガブガブ食べるカマキリのほうが
はるかにエンターテイメント性に富んでいると
思い知らされます。


すごいです。
カマキリ。








かなり大型の昆虫相手でも
最終的には何らかの形で捕食してしまう
手腕にはいつも感心しますが


この片足のもげたバッタは
なかなかの知恵者です。


おお、たしかにこれなら
e0173145_22281644.jpg
ふふふ。
捕食できまい。


て?




頭いい!






結局、このバッタは
丸一日、捕食されることなく
生き延びました。


さすが、秋の気配まで戦い抜いた猛者です。










そろそろ、エサのバッタの確保が難しくなってきたので
今朝、カマキリとバッタを逃してあげることにしました。






ストーブに今季初火入れ。
e0173145_22281813.jpg
バイバイ、カマキリ。


また来年な。

 Check
    
 

ああ、たちごけ人生 記事一覧

たちごけ
http://tachigoke3.exblog.jp/
建物シリーズ:ボロックス
ワンダーデバイス、ガレージの家。オフロードバイクと暮らす日々つれづれ。
このブログの記事一覧を見る