1. TOP
  2. DIY・メンテ
  3. 小屋の屋根張り替えました。

小屋の屋根張り替えました。

  • ブログ名:masayappe
  • 公開日:2019年10月23日

激しい雨のときに、雨漏りしたり、
冬のスガ漏れに悩んでいました。

去年も、それなりに対策しましたが、
根本的な原因がわからず、直りませんでした。

よくよく考えてみると、
施工方法に大きな間違いがあることに、
今頃気づきました。

屋根の傾斜が大きければ、
問題なかったと思いますが、
傾斜が緩いので、
トタンを重ねた継ぎ目の部分からが雨が浸入したものと思われます。
継ぎ目部分を剥がしてみると、
汚れから、水の逆流があったことが分かります。

まずは、古いトタンを全部剥がすと、
去年、対策したアスファルトシングルが出てきます。
この下には、さらに防水シートが施工されてます。
トタンの留め方も完全アウトなやり方でしたので、これだけの防水対策をしても無意味でした。

波トタンの谷の部分にビス打ちで留めてたので、
そりゃ水も溜まって染み込むわけですよ。
ちゃんと屋根の施工方法を調べてから、作ればいいのに、イケイケでやっちゃうので、こういう失敗をするのです。

良く言えば、
悩んで前に進まないのが嫌いな行動派タイプ。
「思い立ったが吉日」
「鉄は熱いうちに打て」
そんな気持ちでなければ、ここまで小屋を完成に導くことはできなかったでしょう(笑)

今回は、専用の釘を用意しました。
こんなに入ってて500円くらい。
ビスより安いし。


今回は、一番長いトタンを買ってきて、
継ぎ目は、微妙に長さが足りない軒先の部分にしました。
万が一、継ぎ目から漏れても軒先なので、
小屋の中が濡れることはありません。
釘は、ちゃんと傘になってて下にスポンジが密着して水の浸入がないような作りになってます。
そして、波トタンの谷側ではなく、山側に釘を打ちます。

まあ、常識なのかもしれませんが、
俺は普通のビスで谷側に打ち込んでました。

谷側だと穴開けやすくて、施工しやすかったという理由で、アホですね。

さらに、ブルーシートを下に敷きました。

屋根の構造として、
合板、防水シート、アスファルトシングル
ブルーシート、波トタンという状態です。

今度こそ、完璧だと思う。

軒下は、少しだけトタンを出しました。
その下にL字金具を入れて、見栄えよくしました。

これで、きっと大丈夫!

 Check
    
 

AFtopの遊び場 記事一覧

masayappe
http://s.ameblo.jp/masayappe/theme-10081180387.html
建物シリーズ:ワンダーデバイス
建築日記と日々のDIYについて語ってます。
このブログの記事一覧を見る