1. TOP
  2. 薪ストーブライフ
  3. 緊急事態

緊急事態

  • ブログ名:
  • 公開日:2020年02月18日

先週の話。早めに帰宅してメシ食っていたら、ストーブのダンパー閉めた嫁さんが

 

「煙が逆流する」

 

と言ってきました。

 

 

煙が逆流する要因はとてもシンプルです。

 

吸気量よりも排気量の方が少ない

 

これだけなんです。

じゃあその要因は?というと、いくつかあります。

 

・吸気側(つまり室内)の換気量が多い。

・排気側(つまり屋外)で強風が吹いている

・吸排気経路(つまり煙道)のどこかが詰まっている

 

以前もどこかで書きましたが、はっきり言ってBESSは気密性は高くありません。スキマだらけと言って過言ではありません笑

なので1番目の状態が起きるのは、大容量の換気扇が回っている時にしか起こりえません。(隙間に目張りしてたら別ですが)

そんな換気扇は台所用しかありませんが、この時は回ってませんでした。

 

次に強風。外に出てみましたが、大した風は吹いてません。

 

そう……

ということはなにを意味するか。

 

煙道詰まりが確定

 

ということです。

さぁこれははじめての事態です。どうしましょう。

正直結構焦りましたが、もう解決したので結論から書いちゃうと、原因は

 

コンバスターの詰まり

 

でした。コンバスターってのは、二次燃焼を促す触媒が塗布された網目構造の部品です。(正確にはキャタリティク・コンバスター)

ストーブの内部構造については、昔そんな記事を書いたので探してください。

 

ともかく、ダンパーを閉めるとコンバスター経由で煙道と炉がつながるんですが、

後日分解したところ、このコンバスターが全く向こう側が見えないぐらい詰まってました。そりゃぁ行き場のない煙は逆流します。

 

で、これだけで終わるのもなんなので、次の記事で、こういう時の対処方法なんかを書いていきます。

 

この記事は長くなったので終わります。

 

 

 Check
    
 

「WD7S」~BESSワンダーデバイス7スパンに住んでる人のブログ~ 記事一覧

http://wd7s.hatenablog.com/
建物シリーズ:ワンダーデバイス
ワンダーデバイス7スパンオーナーのブログ。建築記録、DIY記録などをダラダラ書きます。
このブログの記事一覧を見る