1. TOP
  2. DIY・メンテ
  3. DIYデスク改良

DIYデスク改良

  • ブログ名:Yas
  • 公開日:2020年02月28日

2018年に制作した手作りデスク。

うちはワンダデバイス フランクフェイスの8スパンで、2016年建築当時の標準プランのままのレイアウトですが、1Fのフリールームに手作りデスクを設置していました。当時の記録はこちら


長男が小学生になるタイミングで、学習机を購入し、本人の希望に沿って1Fフリールームに設置することにしたので、私の手作りデスクは2Fの洋室に移動することにしました。

その際、従来の課題だった天板のグラつきについて解消すべく改良を加え、2F洋室に設置し完成させました。


改良したDIYデスク

<改良点>
  1. イケアで購入したデスク用脚を廃止し、デスク左右に側板を採用
  2. 天板と壁と接触させ天板の揺れ抑制するため、デスク左右の側板は天板の側面から15mm内側へオフセット
  3. 天板は窓枠下面の直下になる様、机高さを82cmに調整

改良点2の補足説明ですが、壁の床側に巾木(はばき)という1cmの厚みの板が取り付けられています。もし、天板と側板が同じ端面の場合には、側板が巾木に当たってしまうために天板と壁に巾木の厚み分隙間ができ、この隙間が天板のグラつきの原因となってしまいます。この隙間をなくすために、側板は天板から1.5cm内側にずらして取り付けています。


側板のオフセット

また、側板の固定にはシンプルで強度も期待できるDULTONのブラケットを使ってみました。


結果として、天板のガタつきは見事解消されました。

さらに、窓とデスクが接しているため、デスクトップが陽の光のおかげで明るくなりました。



ここ最近、連日報道される新型コロナウィルスにより、テレワーク、在宅勤務が推奨され、私の場合、その利用頻度が大分増えたので、このデスク環境が改善されたことは嬉しい変化となりました。

 Check
    
 

Miracle Wonder Device 記事一覧

Yas
http://miracle-wonderdevice.blogspot.jp
建物シリーズ:ワンダーデバイス
ワンダーデバイス2016年の建築から始まり、色々なエピソードを紹介
このブログの記事一覧を見る