1. TOP
  2. DIY・メンテ
  3. 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7

1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7

徒歩で10分、トホホで15分、、、


古いリードオルガン修理で
最も重要で、しかも
誰もこんなことしてない? ので
誰にもこのトホホ感が分かって
もらえないという孤独な作業、

再塗装するためには
古い塗膜を完全に剥がす
必要があり、先日の剥離剤は
全然用を成さないものだったので
別の剥離剤で再度挑戦!
IMG_2045

木の肌が完全に出るまで、
徹底的に塗膜を剥がす。
IMG_2044

剥がれてこないところは
再び剥離剤を付けて剥がす
FullSizeRender

剥離剤を付けると、すんなり
ポロポロ剥がれるかというと、
実は全然そうではない!
IMG_2056

刃物を当てて、
ジリジリと剥がしていく、、
IMG_2058

素敵な飾りの脚、
1本剥がすのに、
2時間近く費やしてしまう、、
IMG_2061

左、敢然剥離後、、
右、これから剥がすもの、、、
IMG_2063

元の脚は、しっかり着色されてから
塗装されていたのがわかる。
IMG_2062

 Check
    
 

「才気堂」ドームハウス日記 記事一覧

「才気堂」
http://blog.livedoor.jp/kikoyouttekaketayo/
建物シリーズ:ワンダーデバイス
尋ねて来た方が「ああ!あの家だ!」と分かるような特異な家に住むことが10年来の夢でした。田んぼの真ん中の「ドームハウス」はピアノを思いっきり鳴らせます!
このブログの記事一覧を見る