1. TOP
  2. DIY・メンテ
  3. 大型薪棚DIY②棟上げ~コンクリ基礎まで

大型薪棚DIY②棟上げ~コンクリ基礎まで

  • ブログ名:Zプロ
  • 公開日:2020年03月11日

~前回の続きで大型薪棚DIYです~

残り半面を組み立てて

準備していた床板4枚と内壁多数を

柱と梁に固定したところで

自立するまで組みあがりました。


薪棚DIY (17)

薪棚DIY (18)

壮観たる姿で感動。

予想通りの大きさで存在感もバッチリです。


薪棚DIY (15)

まずは床板塗装を始めます。

面が広い所はローラー塗り、

入り組んだ所は刷毛塗りと

使い分けながら進めていきます。


薪棚DIY (16)

塗料は毎度おなじみキシラデコールを使います。

派手にする必要はないので

色はウォルナットカラーで二度塗りを基準とします。


次は追加のコンクリ基礎です。

薪棚DIY (14)

写真は基礎として使った

砂入りセメントであるモルタルです。

今回は5袋使用しました。


羽子板を基礎として

薪棚の重量を支えていますが、

地面深く指していないので

強風&地震による転倒対策が心配でした。

重量があれば、簡単には転倒しないと

予想していますが念のためです。

心配事を減らすため、3つの機能を追加するようにしました。

 ※最初にやっておけば良かったと後悔しています。

①沈み込み対策として基礎面積増加

②強風対策として基礎重量増加

③床下地面からの雑草対策としてコンクリ施工


薪棚DIY (13)

廃材で基礎を覆うように型枠を作り

一袋づつ、モルタルを練っていきます。

型があるので水多めシャバシャバの薄めでOKです。

薪棚DIY (12)

型枠内に上手く流せました。

これで1日乾燥させます。


薪棚DIY (10)

型を外したところ、まあまあの出来栄えです。

完全に固まるには数週間かかりますが

1日くらいで崩れない程度には硬くなります。


薪棚DIY (8)

最後は雨が流れやすいように

斜めの傾斜を追加です。

それと床の中心部分について

モルタルは水が浸透せず、溜まってしまうので

浸透性がある固まる砂「まさ王」を

4袋使って固めました。

これで10年以上の耐久性がある基礎が

出来たと思います。

次回は屋根と壁です。

 Check
    
 

Zプロジェクト【BESS熊本G-LOG生活(薪&DIY&バイク)】 記事一覧

Zプロ
http://cagivahusqvarna.blog.fc2.com/
建物シリーズ:G-LOG
熊本在住男37才です。 30歳の時に転勤で東京から熊本へ移住  36歳で結婚して古屋をG-LOGに建て替えました。趣味のバイク、キャンプ、DIYでBESSライフを堪能します。
このブログの記事一覧を見る