1. TOP
  2. DIY・メンテ
  3. G-LOGベンチの再塗装と補修 先手を打って寿命延長します。

G-LOGベンチの再塗装と補修 先手を打って寿命延長します。

  • ブログ名:Zプロ
  • 公開日:2020年03月27日

先日の半年点検の際に

気になる劣化個所を発見してしまいました。

「ベンチの金具が錆てる~~」

「ベンチの発色が落ちて汚い~~」

気になり始めたら、すぐにDIY補修開始です。

ベンチ塗装 (1)

パッと見て、普通の木色だと思われますが

新品時と比べて、色が落ちてます。

設置場所は北側、年中日陰なので

ちょいと劣化が早いですね。

特に気になったのが金具の錆

ベンチ塗装 (2)

これは酷い、雨は当たらないのに

こんなに錆びています。

早速、錆取りします。

ベンチ塗装 (3)

昔から愛用している錆取り剤を塗ります。

暫くすると、錆が溶けてなくなります。

軽度な錆ならワイヤーブラシでこそぎ取らなくても

これで十分落ちます。

仕上げに銀色で塗装して、錆防止とします。

ベンチ塗装 (4)

次はベンチ本体を塗装します。

下記は塗装済みです。

良い色になりました。乾けば

茶色くなった濃さも消えるでしょう。


ベンチ塗装 (6)

いつもならウォルナットカラー等の着色塗料でしますが

ベンチは木の自然の色合いを活かしたいので

キシラデコール「白木やすらぎ」を使い

自然色を目指します。


ベンチ塗装 (7)

最後はベンチとロープを繋いでいるボルトナットです。

これも錆が酷かった。

写真はすでに錆止めして、銀色塗装した後ですが

ナットが緩んでいたので増し締めしていたら

「ポロッ」と丸い蓋部が取れてしまいました・・・・

おいおい 普通取れるか・・・

日本製なら取れないのに・・・・

メッキしてあるのに錆びるに早いし

さすが低クオリティーの外国製です。

ベンチ自体は良く出来ていてデザインと品質は

良い出来です。外国製のデザインと作り

それに日本製の品質が合わせれば

完璧になると日頃から思っています。

話は脱線しましたが

ベンチ塗装 (5)

ハンズマンでステンレスナットを購入

これなら数年から一生もってくれるはず!

ベンチ塗装 (8)

さすがにステンレス製の袋ナットは無かったので

樹脂製のキャップをかぶせて

安全蓋としました。

このナットと飛び出したボルトは

太ももにあたるかもしれないので

安全対策です。


ベンチ塗装 (9)

塗装も乾き、良い色になりました。

今回の補修

自分保証は5年です。

ログハウスも小物も

メンテDIYすることで維持できます。

正直面倒ですが、これも趣味として

BESSライフを楽しみましょう。

ベンチ塗装 (10)

今回の一件で気になって家も点検

確認結果、南側のログ壁が乾いてきて

ヒビが入ってきました。

予定通りの劣化なので

そろそろ防水スプレーを塗ろうと思います。

 Check
    
 

Zプロジェクト【BESS熊本G-LOG生活(薪&DIY&バイク)】 記事一覧

Zプロ
http://cagivahusqvarna.blog.fc2.com/
建物シリーズ:G-LOG
熊本在住男37才です。 30歳の時に転勤で東京から熊本へ移住  36歳で結婚して古屋をG-LOGに建て替えました。趣味のバイク、キャンプ、DIYでBESSライフを堪能します。
このブログの記事一覧を見る