1. TOP
  2. 我が家の秋
  3. モルゲンロート

モルゲンロート

 

 朝晩の冷え込みが厳しくなり、よく晴れた日の朝には、川辺から立ち込めた霧が盆地を覆うようになります。
 雲海に覆われた安曇平から立ち上がる北アルプスを見たくて、朝早く朝食をもって家を出ました。
 西山裾の標高670mの我が家のあたりは晴れています。ここから約100m下って穂高の市街地に入ると濃い霧の中です。犀川を渡って明科から東山・長峰山の山道に入り標高を上げると霧を抜けました。これなら雲海が見下ろせそうです。
 長峰山山頂直下の駐車場から駆け足で標高933mの山頂まで登ると、期待通りの絶景でした。


 雲海(ちょっと切れているところがありましたが、)の上に、高くそびえたった常念山脈が新雪の山肌に朝日を浴びて、モルゲンロートに染まっています。


 南の大滝山から蝶、常念、大天井、燕、餓鬼岳のあたりまではよく晴れて見渡せます。それより北の後立山連峰が雲の中です。ゆっくり景色を堪能しながら、コーヒーとパンの朝食を食べました。寒いけれど、ぜいたくなご飯でした。

 山を下りて、池田町の七色大カエデまで、足を延ばします。こちらも雲海の上で、大勢の人が訪れていました。

 帰りに、犀川の御法田遊水地で白鳥を見て来ました。

 まだ先発隊が来始めたばかりで、10羽のみ。1羽の幼鳥を含めて全員が固まって休んでいました。

 Check
    
 

きつつき工房だよりブログ 記事一覧

きつつき
http://blog.goo.ne.jp/kitutuki0309
建物シリーズ:カントリーログハウス
安曇野にあるログハウスの工房で版画や木工の週末職人稼業をやっています。
このブログの記事一覧を見る