1. TOP
  2. DIY・メンテ
  3. 外コンセント200v化工事

外コンセント200v化工事

  • ブログ名:Zプロ
  • 公開日:2021年02月10日

週末の空いた時間

我が家G-LOG

外部コンセント200v化を

DIYで施工してみました。

以前溶接した現場は友人宅の

200vコンセントだったので

今度は自宅用を作ってみました。

2021-02-06_1.jpeg

洗面場にある分電盤を変更していきます。

ちなみに私は第2種電気工事を取得しているので

工事してもOKな資格保持者です。

2021-02-06_2.jpeg

分電盤のカバーは爪で簡単に外せます。

メンテしやすくて最近のは扱いやすいな~

のクロが興味津々です。

2021-02-06_3.jpeg

知らべてみると最近の分電盤は

200v化はとても容易です。

IHヒーターや、大型エアコンコンセントなど

すでに200v用になっています。

2021-02-06_4.jpeg

ガレージ用に用意してあった

外部コンセント2つのうち1個を

200vに変更します。

ドライバーで爪を押して

ブレーカーを引くと簡単に取れました。

ブレーカー上側のポッチを

ドライバーで押し込んで凹ませます。

※写真はすでに押し済みです。

元に戻してセットします。

これで200v化が完了しているはずです。

2021-02-06_5.jpeg

外の外部コンセントを確認してみます。

うちは玄関左側に3か所

外部コンセントを用意してあります。

ガレージはここから電気を供給しているのです。

2021-02-06_6.jpeg

測定してみるとたしかに

交流200vが来ています。

無事に工事完了です。

2021-02-06_7.jpeg

コンセント形状が100vと同じなので

注意のためテプラを貼っておきます。

間違えたら大変です。

2021-02-06_8.jpeg

分電盤の方にもシールを貼っておきます。

これでDIY工事完了です。


■工事は自己責任■

元々は100v20Aに対応する電線を

再利用したので、銅線の断面積を考え

流せても200v20Aまでが限界です。

購入した溶接機の最大出力は

流せないと思います。

それでも良かったので様子を見ながら

200vパワーの溶接機を使用して

見たいと思います。

最後に電気工事の資格が無い人は

工事してはダメですのでご注意ください。

 Check
    
 

Zプロジェクト【BESS熊本G-LOG生活(薪&DIY&バイク)】 記事一覧

Zプロ
http://cagivahusqvarna.blog.fc2.com/
建物シリーズ:G-LOG
熊本在住男37才です。 30歳の時に転勤で東京から熊本へ移住  36歳で結婚して古屋をG-LOGに建て替えました。趣味のバイク、キャンプ、DIYでBESSライフを堪能します。
このブログの記事一覧を見る