1. TOP
  2. その他お気に入り
  3. 程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜ワンポールテントの二股化

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜ワンポールテントの二股化

こんにちは、染井吉野です。

ワンポールテントオーナーの共通の悩みは、テント内のポールが邪魔で狭いこと。二股化して広く使っている事例を参考に昨年から二股化し、快適にキャンプを楽しんでいます。そこで、簡単にできる二股化をご紹介します。

一番のコンセプトは、できる限り安く作ること。

二股化にあたり、タープ用の連結ポールを流用している方が多くいらっしゃいましたが、持っているテントのサイズと合わないとどうしようもありません。しかもアウトドアメーカー製のポールだと高額になってしまいます。そこでホームセンターに何か流用できるものはないかと探していたら見つけました!

これは、掃除用のモップの柄の部分です。左右に回すことで「締めるーゆるむ」ができて、柄の長さが無段階に調節できます。つまり、テントのサイズを気にする必要は一切ありません。サイズも色々あるので、持っているテントの大きさから目星をつけたサイズを購入。細かい点は一切考えなくてもいいんです。そして、素材はアルミですから軽いです。

てっぺんの結束部分は、ビニールハウスのポール用部材と蝶ネジで締め付けました。このままだとテントに傷つけてしまいますので、金属部分が隠れるようタオルを巻いています。ランタンを吊るすロープもつけました。

裾の部分が広がり放題になってしまいますので、柄のグリップ部分にビニール紐を通しテントの直径と同じ長さにしました。本当はガイロープを使いたいところなんですが、間に合わせで安く済ませました。

これで設営もラクラク、高さ調整も自在です。二股化して言うのもなんですが、ワンポールとして使うこともできます。

材料費はポール2本で約3,600円、連結部分は確か400円くらい。ざっと4千円でした。難点は、最短のポールの長さが結構ありますので少々邪魔になります。

持っているテントだと丁度よい感じで二股化できました。

モップ用アルミ素材のポール2本
 
長さは自在に調整できます

これ以上広がらないようにピニールひもで調整

 Check
    
 

染井吉野 記事一覧

染井吉野
https://somei-yoshino.blogspot.jp/
建物シリーズ:ジャパネスクハウス
名も無き小さな里山の一本の桜「染井吉野」です。
このブログの記事一覧を見る