1. TOP
  2. DIY・メンテ
  3. 初の200vアーク溶接 XR250サイドスタンドショート加工

初の200vアーク溶接 XR250サイドスタンドショート加工

  • ブログ名:Zプロ
  • 公開日:2021年07月07日

主に使っているオフロードバイクXR250

サイドスタンドが長く、

立ちすぎていて不便なので

思い切ってショート加工してみました。

下記写真は加工後の姿

このくらいがまともな角度でしょう。

これよりも角度が浅かったので

反対側に倒れる寸前のギリギリでした。

2021-07-03_08-04-13_748.jpeg

スタンド単体がこちら

鉄製なので溶接DIYの腕の見せ所です。

位置を覚えておくため

マジックで線を引いておきます。

2021-07-03_07-32-53_664.jpeg

カット長さは10㎜

長すぎず、短すぎず

色々検証した結果の数字です。

これで後戻りは出来ません。

2021-07-03_07-44-27_471.jpeg

肉厚は2㎜と強度がある場所なので

そこそこありました。

2021-07-03_08-08-10_304.jpeg

もっと薄肉なら100vでやるのですが

今回は初めて200vで動かしてみましょう!

以前用意した外部200vコンセント工事が

役に立つ時が来ました。

100v⇒200v切替工事の記事はこちら

2021-07-03_08-01-03_192.jpeg

またしても雨上がり

今回は外で溶接

スパッタシートを引いて

コードリールで電源を延長

※発熱対策でコードリールのコードは

全て出しておきます。

巻いたままだと溶ける可能性あり

2021-07-03_07-47-00_047.jpeg

試しに200vの50Aで始めたら

一瞬で溶けてしまい穴がポッカリ

SUZUKIDの200vモードはパワフルです。

30Aまで落として穴埋めました・・・

大丈夫だろうか・・・

2021-07-03_08-06-20_918.jpeg

全周ぐるっと溶接して

出来上がりました。

カスとなるスラグを取り除き

気になる箇所は盛り付けを繰り返します。

2021-07-03_07-55-06_710.jpeg

最後は盛った金属部分を

グラインダーで削り、平らに修正

ちょっと切れ目がありますが

中は詰まっているので良しとします。

一回で決まらないのは未熟の証

もっと練習しよう。

2021-07-03_08-00-43_087.jpeg

ベースの塗装もワイヤーブラシモードの

グラインダーで削り落とした後

亜鉛メッキ風のシルバー塗装して完成です。

2021-07-03_20-42-35_802.jpeg

肉厚の鉄溶接でしたが

家庭用200v20Aで十分な性能を

出せることが分かりました。

これはたまらんな~

より多くDIYの幅が広がります。


にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

 Check
    
 

Zプロジェクト【BESS G-LOG生活(薪ストーブ&DIY&バイク)】 記事一覧

Zプロ
http://cagivahusqvarna.blog.fc2.com/
建物シリーズ:G-LOG
熊本在住男39才です。 30歳の時に転勤で東京から熊本へ移住  36歳で結婚して古屋をG-LOGに建て替えました。趣味のバイク、キャンプ、DIYでBESSライフを堪能します。
このブログの記事一覧を見る